胡桃入り手作り食べるラー油
RECIPE

胡桃入り手作り食べるラー油

これから暑い季節になると、辛いものが食べたくなりますよね。今回は意外と簡単な、手作りの食べるラー油のレシピ。

胡桃入りで香ばしく、冷奴や餃子はもちろん、和え麺などにもぴったりの食べるラー油です。




材 料

米油
250ml
黒ごま油
250ml
八角
1片
鷹の爪
1本
ねぎ
1/4本
にんにく
1玉
生姜
60g
★粉唐辛子(中粗)
25g
★粉唐辛子(細)
25g
★花椒パウダー
小さじ1
★白ごま
大さじ1
★胡桃
50g
★塩
小さじ2
★粗糖
小さじ2
★はちみつ
大さじ1

作り方

01|胡桃を砕いておく

胡桃をビニール袋に入れて布巾の上などに置き、麺棒や包丁の柄のお尻の部分などで叩いて砕いておきます。

02|ねぎ油をつくる

小鍋に入れた米油を弱めの中火にかけ、八角、鷹の爪、斜めぎりにしたねぎを入れます。弱火で20分ほど熱し、油に香りをうつします。

03|にんにく、生姜を入れる

【02】で熱した具材を網杓子で取り除き、油だけになったところに、みじん切りにしたにんにくと生姜を入れます。弱火のまま焦げないように注意して、具材がきつね色になるまで熱します。

04|火を止めて唐辛子などを入れる

にんにくと生姜がきつね色になったら、火を止めて★の材料を全て入れてかき混ぜます。粗熱が取れたら黒ごま油も入れて軽くかき混ぜ完成。清潔な保存瓶などに入れます。

手作りで好みの辛さの食べるラー油に

お店で売っている食べるラー油ももちろん美味しいですが、好みの辛さにしたり、八角や花椒などの風味をプラスできるのが手作りの良いところ。

ピーナッツや松の実を入れるレシピもありますが、今回は砕いた胡桃で食感と香ばしさを楽しめるようにしてみました。

この食べるラー油で挽肉を炒めて、ラー油と白ごまペーストで和えた中華麺にトッピングした和え麺は絶品!お好みで生のニラやパクチーを乗せても美味しいです。

いろいろアレンジして楽しめる、胡桃入り食べるラー油、ぜひつくってみてくださいね。