MANGA

カンチガイダイエット02

激辛ダイエットが流行ったのは昔のことだと思いますが、今も辛いもの=痩せるというイメージは強いのではないでしょうか?

実は唐辛子は暑い国が原産の食べ物ということもあり、発汗作用を促して体を冷やす効果があります。汗をかいて体も熱くなってなんだか「燃えてる感」があるけど、運動をしてかく汗とは別物で結果的に代謝の悪い体になってしまうので食べ過ぎには注意が必要です。

さらに、胃腸に負担をかけたり、味覚が鈍って濃い味付けになってしまったり…さらに、うんちの時にお尻の穴が痛くなったりしますが、それは内臓や粘膜が悲鳴を上げている状態です。実は辛さは「味覚」ではなく「痛覚」。辛ければ辛いほど体は痛がっているということです。(ドMな人ほど辛さも気持ちいいのだろうか?)

つまり、激辛にしたからといって本質的な体質改善にはならないのです。

ただ、私も単純に辛いものが大好きでよく食べますが、辛いものを食べるとアドレナリンが出るので、ちょっとストレスを感じた時にはリフレッシュできたりもします。

辛いもので痩せようとしないで、ほどほどの辛さを美味しく楽しみましょうね!